桂太郎

「桂太郎」についてのメモ。桂太郎とは…
HOME > 桂太郎

桂太郎 †

  • 1847-1913
  • 政治家・陸軍大将。長州藩の人。ドイツ兵制を学び、陸軍建設に尽力。三度組閣し、日英同盟締結・日露戦争韓国併合などに当たる。
  • 1913年(大正2)憲政擁護運動に批判されて辞職(大正政変)。

明治の軍人,政治家。1886年陸軍次官となり,陸軍軍制をドイツ式に改革,88年鎮台を廃し,師団をおいた。1901〜06,08〜11,12〜13年と3度組閣,この間首相として日英同盟締結,日露戦争,韓国併合,大逆事件に際会した。このうち朝鮮半島については伊藤博文の政策に比べ積極的な併合政策を主張。山県有朋の支持を得て日韓併合を導いている。1898年陸軍大将,1911年公爵。その政治上の地位は山県有朋の下に終始したといえる。→4-391 桂太郎,8-140 西園寺公望,19-275 明治天皇






2007-03-10 (土) 21:39:08 (4658d)