経済学・哲学草稿

「経済学・哲学草稿」についてのメモ。経済学・哲学草稿とは…
HOME > 経済学・哲学草稿

経哲草稿

経済学・哲学草稿 †

 マルクスの初期の代表的著作。

  • 『経済学・哲学草稿』は1932年、アドラツキー版『マルクス=エンゲルス全集』において、この表題のもとに公刊された。この稿でマルクスは、ヘーゲルやフォイエルバッハなどの疎外概念を継承しつつ、独自の人間疎外論を展開した。

 マルクスによれば生産手段の私有を基礎とする国民経済のもとでは、生産手段を所有していない労働者は自己の労働を商品として売らねばならない以上、

  • ]働生産物は労働者に帰属せず(労働生産物からの労働者の疎外硬外)、
  • ∪源栽働も労働者にとって外的な強制労働になるが(生産労働からの労働者の疎外)、
    こうした生産物や生産活動からの疎外は、
  • 人間の類的本質からの疎外を意妹するとともに(類的存在からの人間の疎外)、
  • は働者と資本家との敵対関係を帰結するものとされた(人間からの人間の疎外)。

 マルクスは、かれのいわゆる「疎外された労働」について、四つの規定をうるのだが、『経済学・哲学草稿』でマルクスは、こうした疎外を克服する立場として、独自の共産主義を主張した。

かれによれば共産主義は、

  1. 女性の共有など、私有財産の普遍化と完成をめざす「粗野な共産主義」、
  2. なお私有財産にとらわれている共産主義という二つの段階を経て、
  3. マルクス自身のめざす、私有財産の積極的止揚としての共産主義に達するものとされた。

第三の段階について、マルクスは次のように言う。

「この共産主義は完成した自然主義として人間主義であり、完成した人間主義として自然主義である。それは人間と自然との、人間と人間との間の抗争の真実の解決であり、現実的存在と本質との、対象化と自己確認との、自由と必然との、個と類との間の抗争の真実の解決である」

 マルクスのいう共産主義の第二の段階は、サン・シモンやフーリエとともに、プルードンの思想をさすものと考えられる。1840年に刊行された『所有とは何か』でブルードンは、自立した生産者の分業が富の源泉であるにもかかわらず、その「集合力」が資本家に不当に搾取されているとして、「所有は盗みである」と断じた。さらに1846年に刊行された『貧困の哲学』でかれは、相互扶助的な人民銀行案を掲げつつ、「所有は自由である」とも説き、私有財産の擁護を唱える経済的自由主義とともに、その廃止を求める共産主義にも反対した。こうしたブルードンの思想は、マルクスの『哲学の貧困』によって「経済学と共産主義の間をうろつく」ものと批判された。

 ブルートンの思想は、マルクス=レーニン主義の行きづまりを背景に、今日むしろ再評価されつつあるが−それは初期マルクスの再検討などとも、軌を一にするものだろう。そこでの関心は人間と自然との本本源な関係の回復ということだが、『経済学・哲学草稿』でマルクスは、次のように書いている。

「自然の人間的本質は、社会的人間にとってはじめて現存する。なぜなら、ここにはじめて自然は、人間にとって、人間との紐帯として、他の人問にたいする彼の現存として、また彼にたいする他の人問の現存として、同様に人間的現実の生活基盤として、現存するからであり、ここにはじめて自然は人間自身の人間的あり方の基盤として現存するからである」






2008-06-28 (土) 11:59:01 (3281d)