経済表

「経済表」についてのメモ。経済表とは…
HOME > 経済表

経済表 †

重農学派の創始者ケネーの創案になる経済循環に関する図表。1758年刊。

マルクスの再生産表式やレオンチェフの産業連関表の発想の源となった。

フランスの経済学者で,重農学派の創始者F.ケネーが創案した図表。原表(1758),略表(62),範式(67)の3種類から成る。社会構成を生産階級(農業生産者),地主階級,不生産階級(商工業者)とに分け,それらの間の流通を媒介とした社会的総資本の再生産過程を明確にし,表示しようとした最初の試みであった。特に範式は経済表の完成形態ともいわれるもので,その特徴の第1は社会的再生産が単純再生産であること,また当時フランスで進行していた縮小再生産の原因が何であり,どのようにすれば拡大再生産が可能であるかを明らかにしたこと,第2に地主の収入は生産階級から取得される租税だけであり,その額は生産階級の年々産出する剰余生産物と同額であることを明らかにしたことである。農業部門のみが剰余を生み出す生産的階級であるとする農業主義的誤謬を含んではいたものの,その後のK.マルクスの再生産表式の定立,W.レオンティエフの産業連関表作成の際の先駆的形態となったという点で,経済学上大きな意義をもった。






2007-03-10 (土) 21:39:17 (5552d)