原産地規則

「原産地規則」についてのメモ。原産地規則とは…
HOME > 原産地規則

rules of origin

原産地規則 †

  • 原産地規則とは,国際的に取引される商品の原産地を認定するための規則。
  • WTO原産地規則協定に基づき,CCC(関税協力理事会)とWTOとが協力して3年間の期限で非特恵原産地規則に関わる調和作業を行っている。

原産地規則の調和のための統一ルールづくり †

work programme for the harmonization of rules of origin

貿易される物品の国籍を確定するための各国の原産地規則(関係法規)の調和のための国際的な統一ルールは現存しない。各国が原産地規則を意のままに制定したり運用すると(例えば輸入制限的保護政策に利用するなど)、貿易の妨げになることが予想される。
そこで、WTO発足後、「原産地規則に関する協定」に基づき原産地規則委員会(同協定第9条)が構成され、関税協力理事会(CCC)との連携のもとで、1995年7月より非特恵分野への適用を目的として調和のための統一ルール作成作業が実施されてきた。作業計画(work programme)は、作業開始後3年以内(同協定第9条-2(a))に完了することになっているが、期限を過ぎた現在も継続されている。






2007-03-10 (土) 21:39:31 (3793d)