原初状態

「原初状態」についてのメモ。原初状態とは…
HOME > 原初状態

ロールズ / 正義論

原初状態 †

 原初状態の公正条件

この課題を達成すべく、次にロールズは純粋に論理的な仮説である「原初状態」に様々な合理的な条件を仮定することによって、原初状態が自然的偶然や人為的偶然(歴史的・社会的・経済的など)によって誰かが有利になったり不利になったりしないような公正な選択状況を想定していく。そのような条件は客観的条件と主観的条件とに大別される。前者に関しては、原初状態においては人々の協同を必要としないほど過度に豊かではなく、かつ人々の協同を可能としないほど過度に窮乏していないという条件を、ロールズは正義が問題となりうる環境として仮定している。

 原初状態の主な主観的条件としては、次のような条件がある…

  1. 契約当事者は「平等かつ自由な」存在であると佼定され、これによって原初契紛が自発的な同意であることが保証される。
  2. 契約当事者は相互に無関心であると仮定される。これは原初状態では当事者が利己主義者である、あるいは逆に、利他主義者であるという強い条件を仮定せずにすむことを意味する。
  3. 原初状態では「無知のヴェール」が支配していると仮定される。これは、当事者が正義の原理を選択する際に、一定の情報が遮断されることによって、不偏性を保証する。
  4. 当事者が法(ここでは正義の原理)を守る動槻としては、自律が仮定される。これは、当事者が法を守るのは欲望からではなく、義務からであることを意味しており、すでに指摘したように、カントの道徳埋論のロールズによる応用である。

無知のヴェール(the weil of ignorance) †

無知のヴェールは、正義の諸原理を選ぶ場合に当事者が、自己や他者の特殊性や個別性に関する情報を、自分自身の有利になるように悪用するのを防ぐことを目的にして、それらの特殊的な情報のみを除くのであって、すべての情報を除くわけではない。無知のヴェールの下では、誰も社会のなかでの自分の位置や階級上の地位や社会的身分を知らず、自分の属する社会の文明度も知らず、生来の資質や能力、知性、体力、その他の分配における自分の運も知らず、さらには自分自身の善の観念(人生の目標)、あるいは自分の特異な心理的傾向さえも知らないと仮定されている。
 他方において、無知のヴェールの下においてすらも、当事者は一般的な知識、たとえば経済理論の一般原理や心理学の一般理論などの知識は持っているとされるのである。
 さて、こうして契約当事者の協同を必然とし、かつ可能とする客観的条件と、そこでの選択を公正なものたらしめる主観的条件とを具備した、いわば理想的選択状況としての原初状態において、当事者はそこに提出される諸々の正義の原理からなるリストからどのように選択をしていくのであろうか。この場合に、少なくとも二つの可能性が考えられる。

  1. リストのなかの様様な選択肢の問での比較をせずに一気に正解が全員一致をもって引き出される場合である。
  2. 合理的な存在が自分自身の内部で様々な選択肢の比較を通して漸進的に正解に近づいていき、最後に全員一致をもってそれを選択する場合である。

ロールズは後者を採用しており、その際に当事者が比較を介して正しい原理を発見していくプロセスを「内省的均衡」と呼んでいる。自然科学においては、より素晴らしい魅力的な一般理論や仮説がありうるからといって、それに適合させるべく所与の事実を変更することはできないのに対して、道徳理論においては所与の熟慮された道徳的判断ほ変化しうることに着目しつつ、ロールズは内省的均衡を説明している。人は様々な哲学的記述に出会う時(たとえば原初状態において様々な正義の観念に遭遇する時)、自分の正義の感覚は現状のままにしてその他の点の微調整で済ませる場合と、自分の正義の感覚の根本的変更を迫られ、その結果、自分の道徳的判断およびそれらの判断を支持してきた哲学的議論をその変更に順応させねばならない場合とがあり、内省的均衡が関わるのは後者の場合である。すなわち、ロールズの正義諭においては、道徳的判断と、正義の諸観念と、原初状態の正当化の3項の間で首尾一貫した整合性がえられるまで、つまり、均衡点に到達するまで、調整が何度も繰り返されねばならない。その際、変化を及ぼす方向は相互的であることも留意されねはならない。






2007-03-10 (土) 21:39:32 (4453d)