源義経

「源義経」についてのメモ。源義経とは…
HOME > 源義経

源義経 †

1159-1189

平安末・鎌倉初期の武将。

  • 義朝の九男。母は常盤(ときわ)。幼名、牛若丸・九郎・遮那(しゃな)王。
  • 検非違使尉(判官)に任ぜられたので九郎判官とも。
  • 平治の乱後、鞍馬寺に預けられ、のち奥州平泉の藤原秀衡(ひでひら)の保護を受けた。1180年兄頼朝の挙兵に応じて84年源義仲を討ち、一ノ谷・屋島・壇ノ浦に平家一族を破った。

平安末期・鎌倉初期の武将。義朝の九男。
平治の乱後、鞍馬寺に入り、さらに奥州の藤原秀衡のもとに身を寄せた。兄頼朝の挙兵に応じて義仲を討ち、次いで平氏を一ノ谷・屋島・壇ノ浦に破って全滅させた。

のち、後白河院の信任を得て頼朝と対立、反逆を企てたが、失敗して奥州に逃れた。

  • 藤原秀衡の死後、その子泰衡に襲われ、衣川の館で自殺。
    悲劇的な生涯が伝説や文学作品の素材となって後世に伝えられる。





2007-03-10 (土) 21:39:33 (4941d)