現象学

「現象学」についてのメモ。現象学とは…
HOME > 現象学

現象学 †

  • 現象界や現象する知についての哲学的理説。ランベルト・カントヘーゲルらに見られる。最も単純な感覚的確信から最高の絶対知へ至るまでの精神の弁証法的発展の叙述。
  • 意識に直接的に与えられる現象を記述・分析するフッサールの哲学。現象そのものの本質に至るために、自然的態度では無反省に確信されている内界・外界の実在性を括弧に入れ(エポケー)、そこに残る純粋意識を志向性においてとらえた。実存哲学などにも影響を与え、サルトルによるイマージュの現象学、メルロ=ポンティによる知覚の現象学などが生まれた。





2007-03-10 (土) 21:39:35 (4871d)