個人主義

「個人主義」についてのメモ。個人主義とは…
HOME > 個人主義

個人主義 †

《individualism》

国家・社会の権威に対して個人の意義と価値を重視し、その権利と自由を尊重することを主張する立場や理論。

全体主義

個individuumの意義や価値を重視する立場であり,individualismには個体論の意味も含まれる。個体論としては実在するのは個体のみで普通者は虚構であるとする唯名論や,存在論的に多くの個体の実在を認める多元論がある。個人主義はまず倫理学の場面でいわれる。すなわちそれは行為における個人の価値を重視し,個人を手段とはならない自己目的とみなして,個人性の実現を倫理的行為の原理とする立場。代表的論者としてソフィストたち,キュニコス派,キュレネ派,エピクロス派,ストア派,スピノザ,ホッブズ,ヒューム,ライプニッツ,カントなどがいる。これがさらに社会,政治学的場面に拡張されると,社会や国家は個人の単なる集団であって,個人の目的に奉仕すべき手段とみるK.フンボルト,A.スミス,J. S.ミル,P.プルードン,H.スペンサーなどの説が生れる。また史学では歴史の推進力を偉人の力に求める立場を個人主義という。また宗教においては人格の価値を強調し個人の魂の救済を説いたキリスト教においても,それは教会という共同体の上に基礎づけられるものであったが,近世にいたって神と個人との直接的な交わりを主張するプロテスタント各派が成立し,そこに個人主義をみることができる。この立場に立つ現代の代表的神学者にE.ブルンナーがいる。日本国憲法は「すべて国民は,個人として尊重される」と規定し(13条),家族生活においては個人の尊厳を尊重するべきこととし(24条),近代個人主義思想を継受していることを表明している。(→個人の尊厳)






2007-03-10 (土) 21:39:41 (4298d)