古事記

「古事記」についてのメモ。古事記とは…
HOME > 古事記

古事記 †

奈良時代の歴史書。三巻。

712年成立。
序文によれば、天武天皇が稗田阿礼(ひえだのあれ)に誦習(しようしゆう)させていた帝紀・旧辞を、天武天皇の死後、元明天皇の命を受けて太安万侶(おおのやすまろ)が撰録したもの。上巻は神代の物語、中巻は神武天皇から応神天皇までの記事、下巻は仁徳天皇から推古天皇までの記事が収められている。現存する我が国最古の歴史書であり、天皇統治の由来と王権による国家発展の歴史を説く。

天武天皇の勅命で稗田阿礼(ひえだのあれ)が誦習(しようしゆう)した帝紀や先代旧辞を、元明天皇の命で太安万侶(おおのやすまろ)が文章に記録し、和銅五年(七一二)に献進。日本最古の歴史書で、天皇による支配を正当化しようとしたもの。上巻は神代、中巻は神武天皇から応神天皇まで、下巻は仁徳天皇から推古天皇までの記事を収め、神話・伝説・歌謡などを含む。

『古事記』と『日本書紀』 †

  • 律令体制の発展にともなって,朝廷の正統性を国の内外に誇示する必要が生じてきた。そのために着手された国史編纂事業は,奈良時代にはいってようやく完成する。また『日本書紀』以降,『日本三大実録』(901年)まで六冊の国史が編纂され,いわゆる六国史が完成した。
  • 奈良時代を代表する歴史書(『古事記』『日本書紀』)の特徴は以下のとおりである。
  • 『古事記』と『日本書紀』
    古事記日本書紀
    編者太安万侶舎人親王
    成立年代712(和銅5)年720年(養老4)年
    対象天地創造から推古天皇の時代まで天地創造から持続天皇の時代まで
    目的国内的に皇室中心の国家統一を説く対外的に日本の国威を示す
    内容文学的要素が濃厚歴史書的要素か強い
    キーワード稗田阿礼が暗誦していた神話や伝承を整理したもの。現存する最古の歴史書中国の歴史書を意識し初めて編纂。六国史のはじめ









2007-03-10 (土) 21:39:42 (4871d)