五箇条の御誓文

「五箇条の御誓文」についてのメモ。五箇条の御誓文とは…
HOME > 五箇条の御誓文

五箇条の御誓文 †

慶応四年(一八六八)三月一四日、明治天皇が宣布した明治新政府の基本政策。「広く会議を興し、万機公論に決すべし」「上下(しやうか)心を一にして、盛に経綸(けいりん)を行ふべし」「官武一途庶民に至る迄、各其志を遂げ、人心をして倦(う)まざらしめん事を要す」「旧来の陋習(ろうしふ)を破り、天地の公道に基くべし」「智識を世界に求め、大に皇基を振起すべし」の五か条。

由利公正が起草し、福岡孝弟が修正したものに木戸孝允が加筆して成立した。公議世論の尊重、開国和親、人心の一新などがうたわれている。民衆に対しては、儒教道徳を説き、徒党や強訴を禁止し、キリスト教を邪教とした「五榜の掲示」を掲げた。五榜の掲示は庶民の協力を得る必要から概して封建的色彩が強かったのに対して、御誓文は外国の協力を得るために開明的であった。

参考)広ク会議ヲ興シ万機公論二決スベシ =御誓文の1条






2007-03-10 (土) 21:39:48 (3878d)