御成敗式目

「御成敗式目」についてのメモ。御成敗式目とは…
HOME > 御成敗式目

御成敗式目 †

1232年(貞永1)、鎌倉幕府の執権北条泰時が法曹官僚系の評定衆に命じて編纂させた鎌倉幕府法。源頼朝以来の慣習法や先例などをもとに成文化したもので、武家法の範となった。全五一条。貞永式目。関東式目。

鎌倉幕府の基本法典。貞永元年(一二三二)、執権北条泰時が評定衆に命じて編纂(へんさん)させたもの。五一か条からなる。源頼朝以来の慣習法・判例などを規範とし、行政・訴訟などに関して定めた武家最初の成文法。後世の武家法の基本となった。貞永式目。

日本最初の武家法として知られる御成敗式目(貞永式目)は、新補地頭の設置により各地で紛争が生じたので、訴訟事件に対する公平な裁判規準を明らかにする必要から、武士にもわかる平易な文体で、頼朝以来の先例と「道理」を生体に武家社会の慣習や道徳を成文化したもので、適用範囲は、幕府の支配範囲のみであった。






2007-03-10 (土) 21:39:52 (5017d)