交通戦争

「交通戦争」についてのメモ。交通戦争とは…
HOME > 交通戦争

交通戦争 †

  • 交通事故による死亡者が増加し、危機的な水準になっている現象をいう語。

日本では1955年頃から道路交通事故が社会問題として注目されはじめていた。70年には死傷者数はほぼ100万人,死者数も55年の12倍,1万7000人と,日清戦争での日本側戦死者数に匹敵するまでになった。これを受けて,悲惨な交通事故の現場を表現するために造られた言葉。






2007-03-10 (土) 21:39:54 (3700d)