公共選択論

「公共選択論」についてのメモ。公共選択論とは…
HOME > 公共選択論

public choice 公共選択理論

公共選択 †

  • 民主制や官僚制のもとでの政治的意思決定、とりわけ政府の財政活動に関する決定過程をミクロ分析や社会的厚生関数など、経済学的手法を用いて分析しようとする学問分野。
  • ブキャナン、タロックなどによって展開されている。
  • 代表的著作
    • アロー『社会的選択と個人的評価』
    • ダウンズ『民主主義の経済理論』
    • オルソン『集団行為論』
    • ブキャナン、タロック『公共選択の理論』
  • シカゴ=ヴァージニア学派、ヴァージニア学派と呼ばれる。





2007-03-10 (土) 21:40:00 (3877d)