公共哲学

「公共哲学」についてのメモ。公共哲学とは…
HOME > 公共哲学

公共哲学 †

  • 従来は国が独占していた「公共性」が、現代では幅広い分野で問われるようになった。この「公共性」をキーコンセプトに、哲学・思想史・政治学・法学・経済学・歴史学・科学技術論などのタコツボ化された個々の学問を共通の土俵に乗せ、相互の知見を討議し、二一世紀の新しい地球哲学として構築が期待されているのが、公共哲学である。

山脇直司著『公共哲学とは何か』ちくま新書






2007-03-10 (土) 21:40:00 (3816d)