公債依存度

「公債依存度」についてのメモ。公債依存度とは…
HOME > 公債依存度

公債依存度 †

  • 国の一般会計予算に占める公憤へ国や地方公共団体が発行する債券発行額の比率。この比率が高いと、国の台所が借金によってまかなわれていることを意味している。

予算において、歳入に占める公債発行の比率である。

日本の公債依存度は、1979年に34.7%へと上昇し、その後公債依存度を低下させるために、行財政改革が行われた。1991年には、バブル経済による税収増のため、公債依存度は9.5%へと近年では最低水準となった。しかし、90年代以降の景気対策のために、国債発行が急増し、1998年度は40.3%、1999年度には42.1%と40%台へ上昇した。
2002年度の公債依存度は、相変わらず高水準であり、36.9%であった。






2007-03-10 (土) 21:40:01 (4267d)