公武合体

「公武合体」についてのメモ。公武合体とは…
HOME > 公武合体

公武合体 †

江戸末期、朝廷と幕府とが一致して外敵の難を処理し、同時に幕府の体制の立て直しを図ろうとした構想。
幕末期、朝廷の伝統的権威と結び付き、幕藩体制の再編強化を図ろうとした政治論、およびその運動。

大老井伊直弼の死後、老中安藤信正らが主張、和宮(かずのみや)降嫁が実現したが、のち、戊辰戦争で討幕派に圧倒された。

桜田門外の変後、和宮降嫁で具体化したが次第に行き詰まり、倒幕派に圧倒された。






2007-03-10 (土) 21:40:07 (4547d)