庚午年籍

「庚午年籍」についてのメモ。庚午年籍とは…
HOME > 庚午年籍

こうごねんじゃく

庚午年籍 †

  • 670年(天智天皇9)、庚午(かのえうま)の年に作られた、全国的規模のものとしては最古の戸籍。
  • 戸籍は三〇年保存を原則としたが、この台帳は永久保存扱いにされた。現存しない。

天智9(670)年庚午の年につくられた戸籍。古代においては,一般の戸籍は6年ごとに作成され,30年を経ると廃棄される規定であったが,庚午年籍は永久保存とされた。しかも,この年が『近江令』施行の年でもあったから,これにならってつくられたものと思われる。奈良,平安時代には,近江令と同様に重視され,永久保存,姓氏を正す原簿として重んじられた。日本の戸籍は大化以前からつくられてはいたが,制度化されたのは大化改新のときである。庚午年籍は,大化以後につくられた戸籍のうち,整ったものとしては最も古いものである。各階層でほぼ全国にわたって施行された






2007-03-10 (土) 21:40:12 (3878d)