弘文天皇

「弘文天皇」についてのメモ。弘文天皇とは…
HOME > 弘文天皇

弘文天皇 †

第三九代天皇。在位、六七一〜七二。

天智天皇の第一皇子。名は大友・伊賀。天智天皇没後、壬申(じんしん)の乱で大海人皇子(おおあまのおうじ)(天武天皇)と戦って敗死。

即位の確証はないが、明治三年(一八七〇)在位を認められ、弘文天皇と追諡(ついし)。
懐風藻に漢詩二首が残る。

648-672) 第三九代天皇(在位 671-672)。名は大友皇子・伊賀皇子。天智天皇の第一皇子。壬申(じんしん)の乱で大海人(おおあまの)皇子(天武天皇)に敗れて縊死(いし)。

  • 日本書紀は皇子の即位を認めないが、1870年(明治3)に在位を認めて諡(おくりな)された。

大友皇子






2007-03-10 (土) 21:40:13 (5593d)