行基

「行基」についてのメモ。行基とは…
HOME > 行基

行基 †

668-749

奈良時代の僧。和泉の人。俗姓、高志氏。道昭・義淵らに法相(ほつそう)教学を学ぶ。のち諸国をめぐり、架橋・築堤など社会事業を行い、民衆を教化し行基菩薩と敬われた。その活動が僧尼令に反するとして弾圧されたが、やがて聖武天皇の帰依を受け、東大寺・国分寺の造営に尽力し、大僧正に任ぜられ、また大菩薩の号を賜った。

百済系の渡来人、高志(こし)氏の出身。和泉(いずみ)の人。法相(ほつそう)宗を学び、諸国を巡って布教。民衆とともに道路・堤防・橋や寺院の建設にあたったが、僧尼令違反として禁止された。のち、聖武天皇の帰依を受け、東大寺・国分寺建立に協力。日本最初の大僧正の位を授けられた。行基菩薩。ぎょうぎ。






2007-03-10 (土) 21:40:23 (4149d)