国債

「国債」についてのメモ。国債とは…
HOME > 国債

国債 †

国が資金の不足をまかなうために負う金銭債務。国債証券の発行を伴うものを狭義の国債,伴わないものを借入金という。通常は発行した債券そのものをさすことが多い。公債。

国や地方公共団体が,将来における元本と利子の返済を租税収入でまかなうことを条件に,原則として証券発行という方式で行う借入金をいう。ただし地方公共団体の発行する地方債については,交通・水道事業など公共料金でまかなわれるべき地方公営企業の建設費を調達する場合にも発行される。また公社,公団など政府の企業部門が将来の公共料金,手数料収入を担保として発行する政府保証債などまで含める場合には,一般に公共債という用語が使われる。公債は発行条件などに関して公権力により一方的に決定が行われる場合があり,また公債の保有者である債権者側に債務の履行に対する強制力がない。第2次世界大戦後,公債は公債管理政策により経済安定政策の重要な手段の一つとしても利用されている。日本の公債は発行主体により国債と地方債,償還期限の長短により長期公債と短期公債,募集地により内債と外債,資金の使途により生産公債と非生産公債,あるいは建設公債,歳入補填公債(赤字公債)などに分類される。なお1947年制定の財政法により,公共事業費,出資金および貸付金の財源とする建設公債や主として国庫の短期的な資金繰りのための政府短期証券を除き,公債の発行は原則として禁止されている。また建設公債についても市中消化を原則とし,日本銀行引受けはできないとされている。公債の募集,利子の支払い,借替え,償還に要する経費を公債費という。国債の場合は一般会計の国債費として計上されているもので,国債整理基金特別会計へ繰入れられている。(→政府保証債・政府保証借入金)






2007-03-10 (土) 21:40:41 (3665d)