国際会計基準審議会

「国際会計基準審議会」についてのメモ。国際会計基準審議会とは…
HOME > 国際会計基準審議会

国際会計基準審議会 †

国際会計委員会の後継組織として 2001 年設立。各国の会計基準に代わり,世界的な統一会計基準である国際財務報告基準(IFRS)の作成を進める。国際会計基準理事会とも。IASB。
国際財務報告基準

国際会計基準審議会(IASB)/国際財務報告基準(IFRS)(International Accounting Standards Board / International Financial Reporting Standards)〔財務会計〕
国際会計基準委員会(IASC)に代わり、新たに組織された国際会計基準審議会(IASB)が2001年より活動を開始した。前者のIASCは各国の職業会計士団体によって構成され、各国の会計基準のどちらかといえば国際的な調和化(harmonization)をめざした国際標準としての国際会計基準(IAS)を設定してきた。これに対して今回のIASBは、各国の会計基準設定主体と連携し、共同で事実上のグローバルスタンダード(de facto standards)を形成する方針をとっている。すなわち、各国の会計基準をIASBが設定・公表する会計基準の新名称である国際財務報告基準(IFRS)に収斂(しゅうれん)することを目的としている。言い換えれば、IASBは、世界中の会計基準をたった一つの会計基準に統一することをめざしている。
わが国でも、従来のいわば官庁主導の企業会計審議会(金融庁の諮問機関)に代えて、民間主導の財務会計基準機構(Financial Accounting Standards FoundationFASF)のもとに企業会計基準委員会(Accounting Standards Board of JapanASBJ)が組織化され、わが国の企業会計制度の整備・充実に努める一方で、グローバルスタンダードの形成に向けて積極的な提言を行っている。なお、今後「国際会計基準」という場合には、従来の国際会計基準(IAS)と現在作成されている国際財務報告基準(IFRS)の両方を含むことになる。






2007-03-10 (土) 21:40:43 (4122d)