再生産

「再生産」についてのメモ。再生産とは…
HOME > 再生産

再生産 †

  1. 商品の生産と流通・消費の過程が不断に繰り返されること。また、その過程。
  2. フェミニズムで、労働力が不断に生みだされることをいう。また、その過程。出産・育児・世話など。→家事労働
  3. ブルデューの社会理論で、教育や文化などを通じて職業・階級・社会的地位などが、次世代に引き継がれること。→文化資本

再生産 reproduction

  1. 人間は消費生活をやめることができないから,物質的富の生産を反復継続しなければならず,したがって,すべての社会的生産は再生産である。再生産過程は,物質的財貨を生産し分配し消費することが不断に繰り返されていく過程である。
    • 単純再生産、拡大再生産、再生産表式
  2. 生殖活動に代表される人間の生物学的再生産の側面と,家事労働などによる労働力の再生産の二側面からなる,人間の諸活動の一形態。生産とともに社会システムの構準的再生産を支える活動であるが,生産と再生産は相対的に自律した関係にある。しかし,生産と再生産は互いに矛盾するものではなく,一定の調和と緊張関係を保ちながら社会システムを形成している。

「再生産」の経済学
労働力の再生産をおもな対象とした経済学。経済学は一般に生産,流通,消費を扱うが,消費過程でどのように生活(労働力の再生産)が営まれているかに言及することは少ない。「再生産」の経済学はこうした消費の内実を主要な対象としている。生活経済学,家庭経済学,家族経済学,消費経済学など多様な名称がある。

再生産の条件
社会的総生産物の生産を不断に反復継続するための均衡条件。単純再生産においてはV1+M1=C2(生産手段生産部門の新創出価値=消費資料生産部門で消費された不変資本価値:Vは可変資本,Mは剰余価値,Cは不変資本を,1は第1部門=生産手段生産部門,2は第2部門=消費資料生産部門を示す)が,拡大再生産の場合には(V1+M1)>C2が,均衡維持のための基本的条件となる。

再生産率 reproductio工1rate Of popula−
tion
人口の再生産のカを表す指標。
〜萄得源採─覆泙燭蝋膩彳端貊仞故─砲蓮そ子人口の年齢別特殊出生率を合計したもの。
∩躡得源採┐蓮そ子人口の年齢別女児特珠出生率の合計で,人口の再生産力を,出生児中,次の世代に母となるべき女児のみに着目して表したもの。
純再生産率は,さらに出生女児の死亡を考慮に入れたもの。

再生産論争 reproduction controversies

資本主義の再生産構造を総体的に統括したマルクスの再生産表式をめぐる論争。
19世紀末ロシアで資本主義の発展が可能か否かが争われ,次に第1次大戦直前に帝国主義の経済的説明に関して,第3に同大戦後,恐慌の説明について展開された。いずれも再生産表式における比例性と消費制限をいかに捉えるかが問題とされた。






2007-03-10 (土) 21:41:01 (3911d)