財投

「財投」についてのメモ。財投とは…
HOME > 財投

財投 †

  • 財政投融資
  • 郵便貯金や厚生年金など、国の制度や信用で集めた公的資金を財源に公団・事業団・地方公共団体や民間に対して政府が行う投資・融資活動=第二の予算とも呼ばれる

財投関連株 public-spending related stocks

日本の場合,財政投融資が景気刺激のために積極的に実施される。この結果,建設業界などの収益の変動パターンはその他の企業と異なる。財投関連株とは財政投融資の影響を受けやすい企業群の株式のことであり,株価変動パターンにも独自性がある。

財政投融資計画(fiscal investment and loan program)〔財政予算〕

国の制度・信用を通じて集められる各種の公的資金を財源(原資)にして、国の政策目的実現のために行われる政府の投資および融資の計画である。1953(昭和28)年度から財政投融資計画として形を整え、73年度からは資金運用部資金と簡保資金について、その運用の期間が5年以上のものについては、その運用額を運用対象区分ごとに特別会計の予算総則に規定することによって国会で議決されることになった。
2001(平成13)年度から財政投融資制度は抜本的に改正された。この制度改革での主要な変更点は以下のとおりである。(1)郵便貯金や年金積立金を、資金運用部に全額預託する従来の制度は廃止された。それらの資金は全額自主運用され、今後それぞれの担当部局独自の判断により、金融市場を通じて自主的に運用される。(2)簡易生命保険の積立金も、財政投融資対象機関等に対する融資を原則廃止して、金融市場を通じて自主運用を行う。(3)これにともない、資金運用部も廃止され、その代わりに財政融資資金が新設された。財政融資資金は、資金運用部への預託義務を廃止する改革にともない、国債による市場での資金調達を行うことになった。財政融資資金特別会計が発行する国債を財投債ともいう。財投債は、国債市場を通じて、民間金融機関とともに、郵便貯金、年金積立金、簡易保険積立金に引き受けてもらうこととなっている。財政融資資金は、財投債の発行で得た資金を用いて、公庫、公団、事業団などの特殊法人等の財投機関に対して融資を行う。
財投計画の運用の方法は、大別して三つに分けることができる。(1)は、政府自ら(特別会計)、または、公団・事業団等が行う事業に直接資金の供給を行うもので、国営土地改良事業特別会計、日本道路公団、都市基盤整備公団などが対象となるもの。(2)は、地方公共団体に対する貸付け。(3)は、政府関係金融機関等に対する資金供給で、日本政策投資銀行、国際協力銀行、各公庫などを媒介にして、間接的に民間に資金供給が行われる。






2007-03-10 (土) 21:41:09 (3929d)