三十年戦争

「三十年戦争」についてのメモ。三十年戦争とは…
HOME > 三十年戦争

30年戦争

三十年戦争 †

  • 1618年〜48年の30年間に、ドイツを中心に欧州各国が参戦した宗教戦争。
  • ボヘミア王フェルディナントの新教徒圧迫が原因で、ドイツ新旧両教徒諸侯の内戦としてボヘミアで勃発。旧教側にスペイン、新教側にデンマーク・スウェーデン・フランスが加担し国際戦争に発展。
  • 主な戦場となったドイツは国土が荒廃し、皇帝権の弱化による諸邦の分裂と相まって、著しく近代化が遅れることになった。
  • ウェストファリア条約で終結。
  • 三十年戦争の背景
    • アウグスブルグの和議以後の新旧両派の諸侯の対立
  • 契機
    • ボヘミアの新教徒による神聖ローマ皇帝の旧教政策への反乱
  • 経過
    • スウェーデン王グスタフ=アドルフ、仏王ルイ13世らの介入で国際戦争に発展
  • 結果
    1. アウグスブルグの和議の再確認。カルヴァン派の信仰の自由確認
    2. 領邦君主の主権確認
    3. フランスのアルザス、ライン左岸獲得。スウェーデン、プロシアも領土獲得
  • 意義
    1. 宗教戦争の総決算
    2. ドイツ領主主権の確立
    3. ハプスプルグ家の後退とブルボン家の台頭の契機
    4. グロティウスの『戦争と平和の法』執筆による国際法確立の契機(正戦論や戦争終了の方式、交戦法規など)





2007-03-10 (土) 21:41:15 (3878d)