産業空洞化

「産業空洞化」についてのメモ。産業空洞化とは…
HOME > 産業空洞化

産業空洞化

産業の空洞化 †

国内の製造業が国際競争力確保のために生産拠点を海外に移転することによって,国内生産・投資・雇用が減り,サービス産業が滞留,製品の輸入依存度が進む現象。
アメリカでは1980年代前半のレーガン政権期に,日本などからの自動車・最先端技術製品の輸入激増が問題化,日本では90年代から,円高の高進とともに,人件費の安いアジア諸国への製造業の海外移転が進んだ。国内では雇用の過剰感を生み,中高年熟練労働者や管理部門の圧縮,企業内失業を含む失業率が上昇した。

  • 空洞化は日本の産業の発展を阻害すると危惧されたが,一方で、国際分業を促し日本の産業の高度化をおし進めることにもなった。





2008-05-23 (金) 09:18:20 (3826d)