市場の失敗

「市場の失敗」についてのメモ。市場の失敗とは…
HOME > 市場の失敗

market failure

市場の失敗 †

 資源配分メカニズムとして市場機構が持つ欠陥を言い、ベイター(F.M.Bator)が1958年に始めて用いた。

「市場の失敗」の要因 †

  • 公共財の場合、市場メカニズムは効率的資源配分を達成できない。
  • 外部経済や外部不経済が存在する場合、ある経済主体の財・サービスを生産したり、消費したりする行為が市場での取引を通してでなく、直接、他の経済主体に影響をおよぼす。
  • 費用逓減産業については、企業規模が拡大するにつれ平均費用が逓減し(規模の経済性が存在する産業)、自然独占(natural monopoly)が生ずる。(あるいは範囲の経済性
  • 情報の不完全性や不確実性が存在する場合、市場による資源配分を非効率なものにする。

 以上のような「市場の失敗」が見られる場合、市場に委ねるだけでは不十分であり、行政その他の主体による介入が要請される。

関連 †

政府の失敗






2007-03-10 (土) 21:41:29 (4658d)