市場化テスト

「市場化テスト」についてのメモ。市場化テストとは…
HOME > 市場化テスト

市場化テスト †

「民間にできることは民間に任せる」という政府の規制改革・民間開放推進会議の方針で、公共サービスの担い手を幅広く官民の競争加入札で決めるというもの。つまり、行政サービスのコストや質が適切かどうかを民間事業者との競争入札で比較し、官より優れていれば民間に業務を移管する仕組みである。行政側にとっても、競争を通じて効率化を促す効果が見込める。各府省や独立行政法人など国関連の組織が提供するサービスのうち、民間組織で担うことのできる事業を2004年10月なかばから1か月の予定で公募を行った。政府の経済財政諮問会議はハローワーク(公共職業安定所)の職業紹介、社会保険庁の保険料徴収業務などへの導入を提案し、さらに公募により民間からの提案を期待している。提案を基に規制改革会議が関係省庁と直接交渉し、年内に政府としてモデル事業を決定する。アメリカやイギリスでは、失業者の就労支援や刑務所の運営などの分野を、民間が担当している。

権力の市場化 †

日経/編集委員 三宅伸吾(8月30日)

 政府の規制改革・民間開放推進会議が「市場化テスト」の2006年度の全面導入を求める中間報告を公表した。徴税や特許登録など広範囲な公共サービスで官民が競争入札に参加し、優れた提案をした方が事業を落札する仕組みだ。市場化テストは、小さな政府への起爆剤となるのだろうか。

 90年代以降、本格的に始まった規制緩和や行政改革。経済的規制分野から医療、福祉など社会的分野に範囲を広げつつあるが、最後の牙城が徴税や刑務所運営、特許権付与などいわゆる「公権力の行使」といわれる部分だ。

 「官は公権力の行使を隠れみのにして、民間開放できる部分まで死守しようとしてきた」と推進会議メンバーはみる。一方的な開放要求ではなく、公共サービスを官民共同の入札という市場にさらすことで、「公権力の行使は公務員にしかできないという伝統的な考えを切り崩す」狙いのようだ。

 市場化テストを待たず、官業の民間開放に動き出した分野もないではない。例えば駐車違反の取り締まりでは民間委託が可能になったほか、刑務所でも2007年4月、PFI(民間資金利用の社会資本整備)方式による国内初の民営刑務所がオープンする。

 瀬戸内海に面する山口宇部空港から、日本海方面へ車を一時間ほど飛ばしたところに位置する山口県美祢市。同市の末利用工業団地に受刑者1000人を収容する施設を民間資金で建設、20年間、官民共同で運営する計画だ。

 「つぶれない会社が来るわけで、波及効果に期待している」と、全国約50の自治体との誘致競争に勝った小竹伸夫美祢市長。同市は3年ほど前、誘致運動に乗り出した。刑務所の過剰収容問題を指摘するテレビ番組を村田時夫市議が見たのがきっかけだった。

 しかし、その頃、PFI刑務所を求める総合規制改革会議(当時)に対し、法務省は「公権力の行使であり、民間などには絶対、任せられない」と主張していた。

 法務官僚の「法解釈」はその後、明るみに出た不祥事で一変する。刑務官の消防ホースによる受刑者暴行死事件などが発覚、野党からは法相の更迭論が浮上した。

 背に腹は替えられない状況に追い込まれた法務省は(1)公務員数を増やさず、刑務所を新設・運営、過剰収容解消を目指す(2)民間人を入れることで、不祥事を生んだ閉鎖的な刑務所の風土を改革する――などを狙いにPFI導入を決断した。

 英米では完全な民営刑務所もあるが、国内第一号のPFI刑務所は公務員と民間人の複合型。受刑者に手錠をかけたり、懲罰をかけるといった「公権力の核心」部分は公務員が担当。一方、建物の維持管理などは民間委託する。構造改革特区制度を利用し、特区法の改正で、受刑者のプライバシー保護のための守秘義務や民間人への業務妨害などを防止する、みなし公務員規定も設ける。

 一部業務の民間委託により、通常250人必要となる公務員数を半減できる可能性があるという。「官業開放で、今や霞が関の先頭を走る」と法務省幹部。是非、その意気込みで既存の刑務所の運営や法務局、公証業務でも民間の資金と知恵を活用してもらいたい。

 刑務所でさえ、民活により効率化できる。それなら他の官業でも同じかもしれない−−。この検証作業が市場化テストである。入札の結果、官側のほうが優れた提案をすればそれでも構わない。公共サービスを、官が法規制=権力で囲い込むのではなく、能力により落札、提供するわけだ。

 もっとも、こうした狙いの市場化テストがどこまで実現するかは不透明。小泉純一郎首相は今年5月、推進会議とは別に全閣僚などをメンバーとする規制改革・民間開放推進本部(本部長首相)を新設した。推進会議は秋以降、本部と連携しながら年末に向け第一次答申をとりまとめることになる。市場化テストに官側の反発は強く、答申が骨抜きとなる可能性もある。






2007-03-10 (土) 21:41:29 (3813d)