支那

「支那」についてのメモ。支那とは…
HOME > 支那

支那 †

  • 王朝名の「秦(しん)」が西方に伝わりそれが変化したものといわれる。
  • 外国人が中国を呼んだ称。中国で仏典を漢訳する際、インドでの呼称を音訳したもの。日本では江戸中期以後、第二次大戦末まで称した。

「支那」は差別? †

  • 「『シナ』ということばが差別的とは?」しんぶん赤旗1999・4・29 

     「シナ(支那)」ということばは、中国古代の王朝の一つ「秦(シン)」が語源といわれ、英語の「チャイナ」も同じ出所だとされています。日本にも、仏典を通じてこの名称が伝えられ、江戸時代にしだいに普及し、明治時代にも引き継がれました。

     このように、「シナ」は、外国人が中国を呼ぶ用語として、それなりの歴史的根拠をもっています。しかし、問題は、それが、戦前・戦中、日本の中国侵略と結びついて、中国にたいする侮蔑語として使用されたことであり、中国国民はこの呼称を拒否しています。当時、日本政府は、「中華民国(中国)」というその時期の正式国号を無視し、ことさら「シナ」、「シナ人」などと呼んで、中国と中国人をさげすむ態度をとりました。これは、中国侵略戦争のさい唱えられた「膺懲(ようちょう)支那」(「支那を懲罰せよ」)などというスローガンに端的に示されています。

     戦後は、侵略戦争への反省を重要な柱とする憲法が施行され、中国(一九四九年十月以降、正式名称=「中華人民共和国」)との関係でも、日本は「戦争を通じて中国国民に重大な損害を与えたことについての責任を痛感し、深く反省する」(七二年の日中共同声明)ことを確認しています。

     こうした歴史の真実を直視すれば、中国を「シナ」と呼ぶことは、単に時代錯誤というだけでなく、過去の侵略戦争への無反省がその根底にあることは明らかでしょう。

  • 反中国の保守派が好んで用いるため、そこに少なからず差別意識が存在することを否定はできないが、それ以上に「中国」という呼称が気に入らないようだ。
  • というのも、中国とは「中華思想に基づき、漢民族が世界の中心にあることを自負して名づけた名称」であり、そこに大いなる欺瞞を感じとることができる。そのうえで、なぜ日本がそれを追認しなければならないのかという不満があるようだ。
  • 近年、中国人が日本を「小日本」「島国」などと罵倒する様子が伝わり、自尊心を傷つけられた日本人が、「支那」と呼ぼうとする機運を高めている模様。
  • さて、これらをふまえて「支那」と呼ぶべきか?「支那」には侮蔑的感情が含まれていないからよい…という意見には一定の説得力を感じる。「Jap」という言葉がある。差別語とされることが少なくないが、実際には差別意識なんてなく普通に用いられることも多い。そういったもの全てに我々は嫌悪感を覚えるわけではないだろう。
  • とはいえ、「支那」を使うべきかどうかは、中国人にこの理屈が通じるかどうかにかかっているだろう。…となると、使うのはやめておいた方がよさそうだ。まず、使っている人間が反中国の人々に偏っているため、差別意識があると認識される。また、反日教育の影響で、やはり「支那」にはかつての植民地支配のイメージがつきまとう人も多いだろう。それは日本にとっても好ましいことではない。





2007-03-10 (土) 21:41:35 (4266d)