持統天皇

「持統天皇」についてのメモ。持統天皇とは…
HOME > 持統天皇

持統天皇 †

645-702

日本書紀で第四一代天皇の漢風諡号(しごう)。天智天皇の第二皇女。名は野讃良(うののさらら)。和風諡号は高天原広野姫(たかまのはらひろのひめ)。天武天皇の皇后。天皇の死後、政務に携わり、皇太子草壁皇子の病死で即位。697年、文武天皇に譲位後は太上天皇として政務をみる。都は藤原宮。万葉集に歌を収める。

在位六九〇〜九七。天智天皇の第二皇女。名は野讚良(うののさらら)。天武天皇の皇后となり、天皇の死後政務を執った。皇太子草壁皇子の死後、飛鳥浄御原宮(あすかきよみはらのみや)で即位。のち、藤原京に遷都。文武天皇に譲位後、太上天皇として政務を補佐した。






2007-03-10 (土) 21:41:48 (4518d)