自衛隊

「自衛隊」についてのメモ。自衛隊とは…
HOME > 自衛隊
  • 対外的にはJapan Defence Force

自衛隊 †

  • 「わが国の平和と独立を守り、国の安全を保つため、直接侵略及び間接侵略に対しわが国を防衛することを主たる任務とし、必要に応じ、公共の秩序の維持に当るものとする」(自衛隊法3条)と定められた、国の防衛を主任務とする実力組織。
  • 1954年(昭和29)7月1日に施行された自衛隊法によって、それまでの保安隊が陸上自衛隊、警備隊が海上自衛隊となり、新たに航空自衛隊が設けられて発足した。

自衛軍 †

自民党は現在の日本国憲法を変えようと考えていて、28日、条文ごとの改憲草案を初めて決めた。戦力を持たない、国の交戦権を認めないとうたった現在の憲法9条2項を全部書き換えて、「我が国の平和と独立」「国及び国民の安全」を守るため「自衛軍を保持する」と盛り込んだ。こうすれば、現憲法で禁じられている集団的自衛権の行使ができるようになると自民党は説明している。集団的自衛権とは、自分の国は攻撃されていなくても、密接な関係にある国が武力攻撃を受けた時、一緒になって実力で阻止する権利のことだ。草案は戦争放棄を定めた9条1項はそのまま残しているが、9条2項の全面改定は「戦争への道を開く」「平和主義の理念を覆した」といった批判も野党の一部から出ている。

毎日中学生新聞 2005年10月31日






2007-03-10 (土) 21:41:51 (4660d)