自己資本利益率

「自己資本利益率」についてのメモ。自己資本利益率とは…
HOME > 自己資本利益率

return on equity ROE/株主資本利益率

自己資本利益率 †

税引利益を株主資本で除したもの。株主資本に対しどれだけ利益をあげているかを示し,企業の収益性の指標となる。

当期純利益を自己資本の平均有高で除して算定した比率をいい,出資者(株主)の見地から見た企業の収益性を示す基本指標である。株主資本利益率ともいう。その大きさは,総資本利益率の大きさによって左右されるほか,借入資本利子率および資本構成比率によって影響される。この比率は,分子の利益数値として何を用いるかにより,自己資本総利益率,同営業利益率,同経常利益率,同当期純利益率などに分かれる。

ROA/ROE(Return on Assets / Return on Equity)〔証券・マーケット〕
企業が収益を得るために投資した金額に対してどのくらいの収益が得られるかを示す指標がROAとROEである。ROAが企業の総資産=総負債(借入金・社債発行額+株主資本金)に対する収益率であり、ROEは株主資本金に対する収益率(自己資本利益率、株主資本利益率ともいう)である。企業が株主のものというファイナンス理論に基づけば、ROEが重要視されなければならない。ROEから日本の経済をみるとアメリカに比してかなり低い水準であり、近年格差が開く傾向にある。






2007-03-10 (土) 21:41:52 (5153d)