自殺論

「自殺論」についてのメモ。自殺論とは…
HOME > 自殺論

デュルケーム 自殺論 †

  • フランスの社会学者デュルケームの著書。
  • 1897年刊。自殺の問題を初めて社会学的に解明したもので,ここでは個人的,心理的事実に還元できない,自殺の社会的事実の存在が主として統計的手法によって証明されている。巨視的に眺めた場合,自殺の原因は従来いわれてきたように個人的なものでも人種的,自然環境的なものでもない。それはなによりも社会的なものに求められる。
  • ここで彼は,社会からの疎外による「利己的自殺」,破綻的な社会変化に基づく「虚無的自殺」,社会統合の大なることによる「愛他的自殺」を区別した。

この自殺論は,その後A.ベイエ,C.ブロンデル,M.アルバクスらによって発展させられた。






2008-06-14 (土) 14:08:46 (3391d)