失業率

「失業率」についてのメモ。失業率とは…
HOME > 失業率

失業率 †

  • 労働力人口に対して失業者が占める割合。
  • 失業者は月末1週間に仕事をしておらず、この期間に仕事を探す活動か事業を始める活動をしていて、仕事があればすぐに仕事につける人のこと。ニートは失業者にならない。

●失業率悪化

総務省統計局の発表によれば、2003(平成15)年8月の完全失業率は5・1%、完全失業者数は333万人で、3カ月連続で減少した。しかし、減少の中心は自分から辞める「自己都合」理由の自発的失業で、7月は16万人、8月は19万人(合計35万人)減っている。しかも、男性の完全失業率は依然5・3%と高止まりしている。また、03年は冷夏の影響もあって、アルバイトなどの求職が少なく、求職活動をあきらめたディスカレッジド・ワーカー(discouraged worker)を含めると失業者はもっと多くなると推測される。一方、正規雇用(正社員)を削り、非正規雇用を増やす傾向も強まっている。日本労働力研究機構によれば、00年度には15〜34歳のフリーター(無業者)は約193万人に達し、その後もフリーターは増え続け、現在は200万人を超えている。さらに、パート・アルバイトの総数でみると1096万人(02年)に達している。これらは、失業者には含まれない不安定就業者である。
失業率が高止まりし、非正規雇用が増加している背景には、不良債権処理の失敗とアメリカのITバブルの崩壊が重なってデフレ不況が深刻化していることがある。03年度9月に、減収減益傾向が続いていた企業決算もようやく黒字化したが、輸出の増加以外は雇用リストラや賃金切下げに依存する傾向が続いている。






2007-03-10 (土) 21:42:04 (3764d)