社会福祉

「社会福祉」についてのメモ。社会福祉とは…
HOME > 社会福祉

social welfare

社会福祉 †

社会福祉という用語は、それぞれの時代および世界各国において、必ずしも一定したとらえ方があるわけではない。最も広義には、国民の生活問題にかかわる諸政策全般を高める目標としてとらえられている。現在では、福祉をめぐる社会方策として一定の社会的現実をとらえる傾向が強いが、そのなかにも、多様なとらえ方がある。第1には、個人が善意で行う慈善、またその組織的な活動である慈善事業を社会福祉とよんでいる国、第2には、いわゆる救貧対策に対する社会的で組織的な事業つまり社会事業を、社会福祉とよんでいる国。第3に、さらに社会全般を高める政策、つまり国民が、健康で文化的な最低限度の生活を保障されるにとどまらず、より以上に生活を積極的に高めていくための政策一般や行為を社会福祉とよぶ国。

  • 日本の場合、日本国憲法第25条2項の、「国は、すべての生活部面について、社会福祉、社会保障及び公衆衛生の向上及び増進に努めなければならない」との規定に基づき、制度的にはむしろ第2の意味に近い概念でとらえられてきたが1986(昭和61)年以降の社会福祉「改革」によって、第3の意味の社会福祉へ展開がなされている。





2007-03-10 (土) 21:42:17 (3911d)