宗教社会学

「宗教社会学」についてのメモ。宗教社会学とは…
HOME > 宗教社会学

エートス

宗教社会学 †

宗教と一般社会との関係や宗教のもつ社会学的諸側面から宗教の構造や機能などを明らかにする学問。デュルケームヴェーバーがその基礎を築いた。

M.ウェーバーの社会学の中核となる領域。彼は社会理論での,社会を発生的に考察しようとする場合,理念=宗教の役割を重視する。彼の宗教社会学での課題は,宗教が社会構造に対して,すなわち経済,支配,法秩序に対して,どのような影響を与えているかを明らかにすることにあった。つまり観念世界の巨大な形式の流れが,自然的諸条件,および経済的,社会的諸条件に即して分析されていくのである。こうした彼の分析方法の例としては,宗教の潜在性の機能がどのように他の領域に対して,その機能を果していくかを扱った『プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神』Die protestantische Ethik und der Geist des Kapitalismus(1904〜05)が好個の例である。さらに,ウェーバー宗教社会学は,まさしく発生的観点において,世界の五大宗教(儒教,道教,ヒンズー教,仏教,古代ユダヤ教)の社会構造に対してもつ潜在性の機能を追究している。人の宗教的行為は,現実には純粋個人の営みとして現れるというよりは,他者との心理的合一化,ときには対立,葛藤,これを媒介にした他者の支配,服従という社会過程として立ち現れる。宗教社会学は,まさにこの社会過程としての宗教現象を取扱う。






2007-03-10 (土) 21:42:29 (4518d)