重金主義

「重金主義」についてのメモ。重金主義とは…
HOME > 重金主義

bullionism

重金主義 †

  • 一国の富は地金・銀の保有量によって決まるとする立場。
  • 16世紀頃ヨーロッパで主張された説で、金銀貨・金銀地金の輸出を制限・禁止した初期重商主義の経済思想。また、それに基づく政策。

重商主義の初期の考え方をいう。一国がひとたび金や銀を獲得したときは,それが国富の最も望ましい形態であるからそれを輸出すべきではないとする考え方。このため為替の制限を唱え,またたといそれによってより大きい収益がもたらされると思われる投資的目的のためでも,金銀の輸出を禁止する方策を支持した。

bullionism
16〜18世紀にかけてヨーロッパ諸国に支配的であった重商主義のうち、とくに初期の経済思想とそれに基づく政策を重金主義という。重金主義者たちは、国富すなわち地金銀という考えにたち、富を確保するため為替{かわせ}統制など直接的な貿易統制によって個別的貿易差額を順(プラス)ならしめ、また正貨、貴金属の輸出を制限、禁止する政策を主張した。こうした主張はとくにイギリスにおいて行われ、その代表者は17世紀前期のG・マリーンである。各国の君主はこの考えに基づき、地金銀の獲得のため盛んに金・銀鉱を開発し、また植民地の経営に乗り出した。しかしその結果、国内の貨幣価値の下落(物価の騰貴)を引き起こし、国内産業の発達をかえって妨げることになった。そのため重金主義は、輸入を上回る輸出の実現による地金銀の獲得を主眼とする貿易差額主義の重商主義にとってかわられた。→重商主義






2007-03-10 (土) 21:42:37 (3668d)