重農主義

「重農主義」についてのメモ。重農主義とは…
HOME > 重農主義

physiocracy フィジオクラシー

重農主義 †

  • 18世紀後半、フランスのケネーチュルゴーらによって主張された経済思想および経済理論とそれに基づく政策それに基づく政策。
  • 重農主義は、創始者と共通の思想を持った歴史上最初の経済学派である。
  • フランス絶対王制の危機を農業の再建を通じて救おうとする中で生まれたもので、
    流通面を重視した重商主義を批判し、国家の富の源泉は農業生産だけから生じるとの立場から、自然秩序および農業生産を重視。レッセフェールを主張した。
  • 生産面を考察の対象とした点で、アダム・スミスの経済学にも影響を与えた。





2008-05-22 (木) 08:45:21 (3375d)