小選挙区制

「小選挙区制」についてのメモ。小選挙区制とは…
HOME > 小選挙区制

小選挙区制 †

  • 一選挙区から一名を選出する選挙区制。
  • イギリスの下院、アメリカの連邦議会の選挙はこの選挙制度による。死票が多く、多数党に有利になるとされる。

大選挙区制

1選挙区から1名の議員を選出する選挙方法。大選挙区制に相対する。この区制を採用する主要国は,イギリス,アメリカ,フランスなどである。この制度には,選挙費用の節約,多数党の出現などの長所もあるが,厖大な死票の出現,腐敗行為の助長,少数党の不利などの欠陥がある。日本でも1870〜71年,1919〜25年に採用されたことがあるが,第2次世界大戦後の47年以来中選挙区制を採用している。→11-499 選挙,15-402/410 日本史

1選挙区から1人の当選者を出す選挙制度。大政党に有利で英米型2大政党制のような安定的政局をうみだすとされるが,次点者以下の得票は死票となり,少数党に不利で民意と離れた議会になりやすい。戦前,帝国議会では1889年*衆議院議員選挙法が小選挙区制を採用,1900年に大選挙区制中心に改められたが19年原敬内閣が小選挙区制を導入,25年普通選挙法で1選挙区3〜5名の中選挙区制となった。戦後は46年衆院選が大選挙区制で,以後は長く中選挙区制であった。56年鳩山内閣や73年田中内閣が小選挙区制導入を試みたが区割りの恣意性と野党・世論の反対で挫折,<55年体制>崩壊後の94年細川内閣による政治改革で小選挙区比例代表並立制が採用され96.10.20それに基く総選挙を実施。






2007-03-10 (土) 21:42:47 (4179d)