小中華思想

「小中華思想」についてのメモ。小中華思想とは…
HOME > 小中華思想

小中華思想 †

  • 朝鮮の儒者たちが,朝鮮を中国と文化的同質性をもった〈小中華〉と自負し,他を夷狄視した思想。本来は孔子の《春秋》における〈尊中華・攘夷狄〉の尊華攘夷思想に由来する。
  • 李朝前期には朝鮮にとって明は〈大中華〉であり,「以小事大」(小を以て大に事える)の事大=宗属関係があったが,女真族=清が明を滅ぼし,1627年,36年に朝鮮に侵入すると(丙子の乱),政治的には清との事大=宗属関係を維持しながら,精神的には中国は夷狄化したとし,朝鮮を唯一の小中華として自負した。とくに孝宗(在位1650‐59)の治世期には宋時烈らによる尊明排清の北伐論が起こり,それ以来清を夷狄視し,さらに近代に入っては西洋=洋夷,日本=倭夷に対する鎖国攘夷の思想(衛正斥邪)として発展した。
    18世紀後半期における朝鮮実学の北学派は,たとえ夷狄であっても,長所があれば師として学ぶべきだと主張し,小中華思想の枠組みから離れて世界をみようとした。

世界百科事典






2008-08-10 (日) 02:29:15 (3630d)