松方財政

「松方財政」についてのメモ。松方財政とは…
HOME > 松方財政

松方財政 †

  • 明治初期の大蔵卿大隈重信によるインフレ財政政策は,財政のいきづまりと輸入超過によって正貨保有高が底をつく現象とを生じさせた。そこで政府は官営工場払い下げにより財政整理を行なう一方,デフレ政策を実施した。これは,1881(明治14)年,大蔵卿に就いた松方正義の手でなされたので,松方デフレとよばれる。その政策の柱は次の通り。
  1. 増税により歳入の増加をはかるとともに,歳出を緊縮する。
  2. 不換紙幣の処分と正貨の蓄積を図る。
  3. 日本銀行による銀本位制貨幣制度の完全確立。

この対策が進められる中で,その結果,

  1. 物価の下落
  2. 農民の階層分解(一部の地主,高利貸、銀行への土地集中)
  3. 貧民の都市への流入
  4. 秩父事件などの社会的動揺

…などがみられた。

松方財政 †

  • 世界大百科

明治14年(1881)10月の政変で大蔵卿となった松方正義によって行われた紙幣整理を中心とする財政政策の通称で,それは激しいデフレーションを引き起こしたため松方デフレ政策とも呼ばれる。

明治維新後,政府は富国強兵,殖産興業,秩禄処分等の政策を遂行するため巨額の不換紙幣と国債を発行したが,そのために,とくに1877年の西南戦争の戦費支出のための紙幣増発を契機として,79‐80年に激しいインフレーションが起きた。すなわち,物価が騰貴し紙幣価値が下落したことによって銀貨と紙幣の比価が乖離(かいり)し,また,国際収支の悪化は正貨を流出・枯渇させ,金利が高騰し投機が流行して生産資金の欠乏を招いた。この結果,租税の実質収入が減少して財政が困難に陥ったのである。このような財政経済危機に当面して,当時の財政の実権者であった大隈重信は,79年に国債紙幣消却計画を立てて紙幣整理に着手し,さらにインフレの高進に対応して80年には外債を主たる財源として一挙に紙幣を消却し正貨通用制を樹立する案を立てたが,その案は政府部内で猛烈な反対にあって否定され,大隈の権威は失墜した。80年後半に,当時の政府の最高の実力者伊藤博文と大隈との協力により,租税増徴,行政整理による経費節約,一部の国家経費の地方財政への転嫁,官営事業の払下げ,輸出増進による正貨獲得等によって,できるだけ紙幣消却を行う政策が確定した。 明治14年の政変で失脚した大隈に代わって財政の実権者となった松方は,紙幣整理には漸進主義をとりながら,いかなる反対にあうとも断固遂行する強硬方針を立て,紙幣整理政策を完遂していった。松方は基本的にはすでに確定していた紙幣整理方針を継承したが,松方の政策が大隈のそれと異なるのは,大隈のように国債発行によって紙幣を全額消却し正貨通用制に変えるのではなく,一方で紙幣を消却しつつ,他方で財政収入から剰余金を捻出して正貨を買い入れ,またはそれを準備金として運用して正貨を蓄積し,しかも同時に中央銀行を設立して通貨・信用制度の整備をはかり,紙幣価値の回復をまって不換紙幣を兌換(だかん)銀行券に切り替えようとした点である。貿易金融政策においても松方は,横浜正金銀行を設立して直輸出を奨励した大隈の政策を基本的には継承したが,準備正貨を増殖するための正貨獲得という政策目的を明確にし,そのためには殖産政策の一つの柱であった内地荷為替の一時停止さえ行った。こうして,紙幣流通量は1880年1月の1億7000万円から84年5月には1億2500万円まで減少し,銀貨と紙幣の比価が安定し,正貨蓄積も進んだため,同月に兌換銀行券条例が公布され,翌年5月から日本銀行(1882年10月創立)から兌換銀行券が発行されて,銀本位制の兌換制度が確立した。 松方による紙幣整理の中途の1882年7月,朝鮮に壬午軍乱が起こると,政府はこれを機に対清戦争をめざす本格的な軍備拡張8ヵ年計画を立てた。松方は紙幣整理の大事業を維持しつつ軍備拡張の財源を得るため,酒造,煙草税を再増税し売薬印紙税等を新設したが,それは不況下で実質的に増額していた国民の租税公課負担を一段と強めるものであった。しかもそれに1882‐83年の世界恐慌の波及が重なったため,不況をとりわけ深刻化させ,とくに当時国民の大多数を占めた農民の経済生活を解体の危機に陥れた。租税公課の納入に窮し,負債の累積に苦しむ農民たちは,その所有耕地を失って小作農民に転落していった。松方による近代的通貨・信用制度の確立を前提として,86年から企業勃興期が始まるが,それは同時に農村における地主・小作関係の全国的拡大の過程でもあった。 






2007-03-10 (土) 21:42:54 (3879d)