松方正義

「松方正義」についてのメモ。松方正義とは…
HOME > 松方正義

松方正義 †

  • 1835-1924

政治家。蔵相・首相を歴任。
鹿児島の生まれ。

1881年(明治14)以降16年間大蔵卿・蔵相を務め、大規模な紙幣整理と軍拡のための増税を強行し(松方財政)、農民層の分解を促進して資本主義の基礎をつくった。

  • 日本銀行を創設。金本位制の実施など、財政制度の確立に寄与。
  • 枢密顧問官・内大臣を歴任。首相を二度務める。





2007-03-10 (土) 21:42:54 (4298d)