消費税

「消費税」についてのメモ。消費税とは…
HOME > 消費税

消費税 †

  1. 物品・サービスの消費について課される租税。消費者を納税義務者として課される直接消費税と、製造業者・販売業者を納税義務者とする間接消費税とがある。
  2. 消費税法(1988年制定)により課税される国税。原則としてすべての物品・サービスの消費について課され、製造から小売にいたる各段階で課税される。

選挙と消費税 †

  • 消費税は1989年4月に導入された間接税。税率は3%でスタートし、97年4月に現行の5%に引き上げられた。国内のすべての商品やサービスの販売・提供が原則として課税対象となり、最終的には消費者が負担する。個人消費への影響や低所得層の負担が相対的に重くなる側面が、過去の国政選挙では野党による政権批判の材料ともなった。
  • 89年の参院選では、消費税導入、リクルート事件、農産物自由化の「逆風3点セット」で、自民党が大敗、宇野宗佑首相が辞任に追い込まれた。
  • 税率引き上げ翌年の98年の参院選でも自民党は議席を減らし、「財政構造改革」を掲げていた橋本龍太郎首相が辞任した。

東奥日報2005年8月23日(火)






2008-06-05 (木) 08:15:39 (4094d)