殖産興業

「殖産興業」についてのメモ。殖産興業とは…
HOME > 殖産興業

殖産興業 †

生産をふやし、産業を盛んにすること。

明治初期において,先進資本主義諸国の外圧に対抗するため,近代産業技術を移植して資本主義的生産方法を保護育成しようとした政策。厖大な国家資金を投入して鉄道,電信,鉱山,造船などの官営事業の創設,紡績,製糸などの模範工場の建設,さらには牧畜,農林業などの官営諸施設の創設などを行い,他方私企業への各種補助金,勧業資本金などの交付によって近代産業の形成を強力に促進した。これら官営事業は,その後1880年の工場払下概則および85年の工部省の廃止によって政商(浅野,岩崎,三井,古河など)に廉価で払下げられたため,財閥成長の原因ともなった。

生産物をふやし,産業をさかんにすること。*[歴]*江戸中期以後,農村の貧窮を救うため,農民に市場目あての作物をつくらせた幕府・諸藩の政策。*富国強兵とともに明治政府の基本政策の1つで,国内産業を助成,経済自立化をはかった政策。

官営工場

官営の工場。特に,明治政府が設立・直営した機械制工場。1880年以降にこれらの多くは,特定の政商など民間に払い下げられた。






2007-03-10 (土) 21:43:02 (5112d)