新SNA

「新SNA」についてのメモ。新SNAとは…
HOME > 新SNA

New System of National Accounts

新SNA †

  • 1968年に改定された国連国民所得勘定方式。
  • 国民勘定・産業連関表・資金循環表・国民貸借対照表・国際収支表から成る。

1968年に国民所得統計に代わる国民経済統計として国際連合が各国に採用を呼びかけ,日本では78年度分から新SNAに切り替えた。単に国民所得統計という日本経済全体のモノの動きを示すばかりではなく…

産業別の生産活動を表す産業連関表,カネの動きを表すマネーフロー表(資金循環表),国全体の資産や負債の状態を示した国民貸借対照表,海外との取引を詳細に整理した国際収支表 

―の5つの基本的な統計を統合したもの。

これによって国民経済統計は産業,カネ、ストック(残高)などヘ一歩踏み込み、飛躍的に充実したものになる、将来は余暇,生活時間などの社会統計や地域の経済活動を示す地域統計なども統合することをねらっている。






2007-03-10 (土) 21:43:05 (3969d)