人口学

「人口学」についてのメモ。人口学とは…
HOME > 人口学

demography

人口学 †

人口とは一定地域において居住・増減する人間集団を数量的にとらえた概念であるが,人口は静態的・動態的な統計分析の対象であるだけではなく,人間集団をとりまく自然的・歴史的・社会経済的・政治的・文化的な諸環境からつねに強い影響をうけるものでもある。このように人口を総合的・学際的に究明する学問領域を,近年では人口学とよんでいる。

人口ならびに出生、死亡、移動による人口変動の統計的研究をいう。通常は国、地域(県・郡など)、市町村などが分析の単位であり、そうした人口をさらに、性、年齢、配偶関係、宗教、人種、言語、職業、階級、教育程度などの指標によって区分し研究する。出生、婚姻、移動および死亡に関する資料の収集、ならびに、それらの統計的・数理的分析を狭義の人口研究領域とし、形式人口学あるいは純粋人口学とよぶ。また、人口変動の生物学的、社会的、経済的、法的、歴史的決定要因の研究、ならびに、人口変動と社会構造や自然資源との相互関係の研究を広義の人口研究の領域とし、これらを実体人口学あるいは人口研究という。人口学的研究は多くの専門領域にまたがる学際的性格をもつが、それが個々の学問分野ととくに関連づけられたとき社会人口学、経済人口学、家族人口学、古人口学、歴史人口学などが成立することになる。






2007-03-10 (土) 21:43:22 (4705d)