水俣病

「水俣病」についてのメモ。水俣病とは…
HOME > 水俣病

水俣病 †

  • 有機水銀中毒による慢性の神経疾患。

しびれ・運動障害・言語障害・難聴・四肢麻痺などの症状を示し、胎児にも発現し、重症者は死亡する。化学工場の廃液中の有機水銀によって汚染された魚介類の摂食により、1953年(昭和28)頃から、熊本県水俣湾周辺に集団的に発生。

中枢神経が冒され、手足のしびれ、言語障害、目や耳の機能喪失を起こし、重症では死亡することもある。水俣市に昭和二八年(一九五三)ごろから発生。チッソ水俣工場の廃水中に含まれるメチル水銀が海水を汚染し、魚介類に生物濃縮され、それを食べて人体内に入るのが原因。

  • 1968年(昭和43)、公害病に認定された。

新潟水俣病 †

  • 新潟県阿賀野川流域でも64年頃同じ病気が発生(第二水俣病)。





2007-03-10 (土) 21:43:29 (3911d)