水野忠邦

「水野忠邦」についてのメモ。水野忠邦とは…
HOME > 水野忠邦

水野忠邦 †

1794-1851

江戸後期の老中。唐津藩主から浜松藩主に転じ、寺社奉行・大坂城代・京都所司代などを歴任。1834年老中となり、天保の改革を断行したが、失敗して退いた。

江戸後期の大名。唐津藩主から浜松藩主へ転封。大坂城代・京都所司代などを経て老中となる。将軍徳川家慶に信任され、天保の改革を断行したが、反対者が多くて失脚。






2007-03-10 (土) 21:43:30 (4120d)