整理回収機構

「整理回収機構」についてのメモ。整理回収機構とは…
HOME > 整理回収機構

整理回収機構 †

破綻金融機関の事業を譲り受け、不良債権の回収や預金の払い戻しなどを行う機関

平成一一年(一九九九)住宅金融債権管理機構と整理回収銀行の合併により発足した全額預金保険機構出資による株式会社。破綻金融機関等から譲り受け、または買い取った資産の管理、回収及び処分を行うほか、金融機関の自己資本充実に係る業務、一般金融機関からの資産買取及び預金保険法その他の法律により銀行が営むことのできる業務を行う。

住宅金融債権管理機構と整理回収銀行が統合し,1999 年(平成 11)設立。破綻金融機関の不良債権だけでなく,破綻前の金融機関から債権の買い取り,回収ができることが特徴。日本版 RTC。RCC。

預金保険機構

  • 旧住宅金融債権管理機構と旧整理回収銀行が合併した、預金保険機構全額出資の子会社。

アメリカの同様な組織にちなんで、日本版RTCともよばれる。民間金融機関主導の意図から、預金保険機構の株主権限は制限され、同機構の独立性は保障されている。業務は旧二組織を引き
継ぎ、破たんした金融機関の不良債権処理だけでなく、健全な銀行からの不良債権の買い取りや回収を主とする。

さらに、一時国有化された銀行やブリッジバンクに移行した銀行からの不良債権の買い取り、公的資金が注入された銀行発行の優先株の引き受けも行う。これら債権を引き受ける際の価格は、預金保険機構に設けられた買取価格審査会で決められる。買い取り後、その不良債権の価格が下がり、損失が






2007-03-10 (土) 21:43:56 (3910d)