清教徒革命

「清教徒革命」についてのメモ。清教徒革命とは…
HOME > 清教徒革命

清教徒革命 †

ピューリタン革命

Puritan Revolution; Civil War
ピューリタン革命とも呼ばれる。1640〜60年のイギリスの市民革命。独立派,長老派などの清教徒(ピューリタン)が中心勢力であったところからこう呼ばれる。40年短期議会に続く長期議会は国王チャールズ1世の専制政治をきびしく批判したが,41年末の大抗議文をめぐり国王派(→騎士党)と議会派(→円頂党)との対立が明確化し,42年夏武力衝突へと発展した。10月のエッジヒルの戦いは勝敗なく終ったものの,軍事的には初め国王派が優勢であったが,議会派にO.クロムウェルが現れ,鉄騎隊を編制してマーストンムーアの戦いで国王派を破り,45年議会軍は新式軍に編制されて優位となり,6月ネーズビーの戦いで決定的勝利を収めた。翌年王はスコットランド軍に投降,議会派に引渡されて第1次内乱は終った。しかし国王の処置,軍の削減などの問題をめぐって議会派内部の長老派,独立派,平等派の間に対立が深まり,48年王と結んだスコットランド軍の侵入により第2次内乱となったが,短期間で鎮圧。この年12月独立派はプライドの追放により長老派を議会から追放,49年1月チャールズ1世を公敵として処刑し,同年平等派とディッガーズの叛乱をも鎮圧して王政と上院を廃した共和国を樹立した。50〜51年スコットランドが皇太子チャールズ(のちのチャールズ2世)を王と宣言し,共和国軍はこれを征討。51年航海条令の発布が原因となって第1次イギリス=オランダ戦争が勃発,議会と軍との対立が激化したが,53年クロムウェルは武力で議会を解散,統治章典によって彼を護国卿とする独裁政権が成立した。しかし,きびしいピューリタニズムに基づく軍事的な政権は不評で,彼の没後2年目の60年に王政復古が実現した。→1-786/788 イギリス史,6-198 クロムウェル

→イギリス史
→エッジヒルの戦い
→円頂党
→王政復古
→騎士党
→クロムウェル
→護国卿
→新式軍
→清教徒
→大抗議文
→短期議会
→チャールズ1世
→チャールズ2世
→長期議会
→長老派
→ディッガーズ
→統治章典
→独立派
→ネーズビーの戦い
→平等派
→プライドの追放
→マーストンムーアの戦い






2007-03-10 (土) 21:43:59 (3911d)