聖徳太子

「聖徳太子」についてのメモ。聖徳太子とは…
HOME > 聖徳太子

聖徳太子 †

574-622

  • 用明天皇の皇子。母は穴穂部間人(あなほべのはしひと)皇后。名は厩戸豊聡耳(うまやどのとよとみみ)皇子。
  • 豊聡耳(とよとみみ)皇子・上宮(じようぐう)太子ともいう。
    上宮太子(うえのみやのみこ)・法大王(のりのおおきみ)・上宮聖王などとも呼ばれた。聖徳太子は諡号(しごう)。
  • 叔母推古天皇の摂政として内政・外交に尽力。
  • 冠位十二階十七条憲法を制定して集権的官僚国家の基礎をつくり、遣隋使を派遣して大陸文化の導入に努めた。
  • また、広く学問に通じ、深く仏教に帰依(きえ)して、法隆寺・四天王寺ほか多くの寺院を建立するなど仏教振興に尽くした。著「三経義疏」
  • かつて聖徳太子の肖像が紙幣として用いられた。一万円札、それ以前は千円札。

聖徳太子の政治 †

  • 冠位十二階(603)
    • 人材登用を図るための才能・功績に応じた位階制度。従来の「姓」を排除したわけではなく冠位は個人一代限りが原則。
  • 十七条憲法(604)
    • 天皇への絶対服従、衆議の尊重、和の重視を定めた豪族への服務規定。
  • 遣隋使の派遣(607)
    • 小野妹子を派遣。留学生(高向玄理、南淵請安)が同行。「日出ずる処の天子、書を日没するところの天子に

対等外交を求める国書に隋の皇帝
帝は激怒した。






2007-03-10 (土) 21:44:04 (4657d)